内観

コンセプトが多様|注文住宅は家族に合わせた家に出来る

マイホームは多くの人の夢

一軒家

頭金の支払い方

一生暮らせるマイホームとして、新築一戸建てを建てる方は川西では多くいます。新築一戸建てとなると、数千万円以上の高額な買い物となります。そのため、お金について気に病む人はたくさんいます。まず、川西で新築一戸建てを購入するに当たり、用意しなければいけないのが頭金です。一般的に頭金は、物件価格の2割程度の金額が必要と言われています。個々の年収で異なりますが、おおよそ100万円から500万円くらい用意すれば安心です。気をつけなければいけないのが、頭金なしで購入できる物件です。頭金を支払わないと、今後の住宅ローンの返済で金利が上がる可能性が大きいです。また、変動金利が悪化した場合、ローンの返済金額が一気に上がる可能性もあります。なので、今後のためにも必ず頭金は用意しておく方がいいです。

魅力的な設備

新築一戸建ては川西でとても人気がありますが、その理由は住宅設備が充実しているからです。最新、住む人が快適に暮らせるように、各メーカーが切磋琢磨して設備を開発しています。そのため、特に浴室やキッチンなどの水回り周辺で、とても便利な設備が充実しています。たとえば、川西で人気なのが、対面型のアイランドキッチンです。このキッチンは、料理をしながら家族の顔を見る事ができます。また、キッチンには、ディスポーザーを付けられるところが増えています。これは、キッチンの排水口に生ゴミを入れるシステムの事です。ゴミ捨てが面倒な生ゴミを粉砕して水と一緒に流せるので、掃除がとても楽です。その他にも、浴室にはミストサウナ、ジェットバスなどリラックスできる設備が揃っています。